Welcome to my blog

FunFunCat×Doll×Photo

サーニット・石粉粘土・樹脂粘土などを使って自作でドール作りに挑戦しています。ドールのカスタムをしたりとか写真とかいろいろがんばるとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FunC初のカスタムブライス

この間初めてFunCとして出品した子です
オークションも無事に終わり
里親さまも決まってとても幸せでした(*´∀`*)

これからも時々出品するつもりですが・・・
なにせ自作ドールに目覚めてしまい
カスタムはお休みちゅーだというね(笑)

しかも

ドールに仕事に子猫を育てる毎日です・・・
しばらくは無理でしょう


ふははははは


気が向いたらカスタムしよう
あと2体ブライスの買い置きがあるんですよ
シンプリーマンゴーとかとか・・・

いつのだよ、おい


(゚∀゚)


あっそうそう写真ですね

FunCはパンクに走りました(笑)


パンク系アリスです


でもアップは可愛いような・・・


海賊てきなOFです


写真はオクの使いまわしで(PC壊れてこれしかないの・・・)



髪の毛がたがたですが何か?
出品途中で気づいて直しました(・∀・)

うふふ

もう少し早く気づけよ、おい


てことで
カスタムを作ってオクに出品しているFunCなのでした

サーニットでドールを作るって?

ずいぶん前にマキシムさんという人のドールをみました
ずごい衝撃でしたよ・・・
自作でドールを作っているんですから・・・

そこで、自分でドールを作るという夢をもったわけなのですが
まず何をどうすればいいのかわからず
作り方もわからずで・・・できるはずもなく、いままで来たわけですね

ただ、知り合いにサーニットという粘土でドールが作れると聞いたので
1ヶ月くらい前にやっとサーニットを買ってみました(笑)

そこからユーチューブとサーニットのにらめっこで
なんとなく作り方がわかったものの
これが正解なのかどうかは正直わかりません(笑)

これからドールを自分で作るという無謀な挑戦をする私の記録です。


ということで、ドール作りの基本を少し

1.発泡スチロールで中の芯になるものを作るらしいのですが・・・
すごくちらばって大変らしいので、私は100均の軽量紙粘土を使ってみることにしました

紙粘土を丸めて乾かし竹串をさしたところです


2.アルミホイルを巻きます


3.サーニットを捏ねて全体を覆います


4.Toolを使いサーニットを足しながら顔を作って行きます


5.これ以上はまだ作ってないのでわかりません(笑)
ただ、ある程度出来たら焼くみたいです

焼くと硬くなります。
それまでは何度でもやり直しが出来るのがサーニットの特徴ですが・・・
手の温度で柔らかくなり変形するので注意してください( ̄▽ ̄;)

あと、べとべとして埃がつき手で触りすぎて色が黒くなったり
とにかく大変なのですが・・・
めげずに頑張りましょう~(=^・ω・^)


私の使っているToolですが
粘土ベラで検索してアマゾンで買いました(・∀・)
ちなみに送込みで1480円くらいだったかな?たしか(笑)



よかったら探してみてくださいね(・∀・)


あと、今はここまで出来ました。
2週間かかりました(´Д`)


耳をつけたら一度焼いてみます。
頑張りましょう~(=^・ω・^)


家に来てから一週間

こんにちはFunCです

この間子猫を貰ってほしいと
知り合いの知り合いに頼まれて

遠慮なくいただきました

にこまろ(♀)です

ミルクを飲んでご機嫌♪


うわー可愛すぎる(*/□\*)


手のひらサイズで小さすぎる



もうたまりませーん
頑張ってそだてましょう~(=^・ω・^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。